News 

「SBウォール工法研究会のINSEM集中プラント」

           に関する問合せについて

 現在,当研究会に,研究機関をはじめ,日本全国からINSEM集中プラントの問い合わせが多く寄せられています。

 ついては,特に多い質問について,まとめましたので,参考とされてください。

INSEM集中プラントのメリットは?

 一般的なINSEMえん堤では,えん堤計画箇所の土砂を材料として活用するため,

・計画時に,現地で発生する土砂の賦存量をえん堤ごとに確認する必要がある。

・えん堤構築に現地土砂が足りない場合は,購入材等によって補うなどの処置を,多い場合は,残土処理計画を設計時に行う必要がある。

・えん堤ごとに施工ヤードの設置など,施工計画を検討する必要がある。

・一方,計画時に活用する土砂が決まっているので,施工前にINSEM配合試験を実施し,大きく土砂がばらつくことがなく,管理が容易である。


これに対し,INSEM集中プラントでは,

・INSEM材料として活用する土砂を事前に決定しないことが最大の特徴です。

・施工前の配合試験は,概要を確認する程度の簡易なもので良く,通常補INSEMえん堤工事と比較して,配合試験費を大幅に抑えることができる。

・品質管理時に,INSEM製造日ごとに配合を補正しながら品質を管理するため,品質の信頼性が高い。

・土砂が変動することを想定した管理を行うため,途中でINSEMの品質が低下するなどの原因により,工事がストップするなどのリスクが殆ど無い。

・計画えん堤ごとに,土砂の賦存量調査,施工ヤード設置などの計画が必要なく,設計の合理化が図れる。

・計画えん堤以外の土砂も活用できるため,エリア内の復旧工事との連携により,合理的に事業が推進できる。

 なお,SBウォール工法の集中プラントの品質管理方法は,通常のINSEMえん堤の品質管理とは異なっています。

SBウォール工法研究会では,H24九州北部豪雨災害での阿蘇災害復旧事業や,広島豪雨災害,熊本震災(現在進行中),などで,その実績を増やし,実績ベースで,コスト縮減高価,工期短縮効果,品質向上など,その優位性が実証されております。


土砂を想定しなければ,計画時と施工時でコストが大きく変動するのではないか?

無論,配合を適時補正するため,計画事どおりとなることはないですが,INSEM材料として活用する土砂は,活用する前に,配合試験を実施する前に,土砂の事前評価を行っているので,余分な配合試験費用の増大や,コストが増大する配合を余儀なくされるなどのリスクはほとんどありません。これまでの実績では内部材単価が,大きくトータルコストの増加に影響した事例はありません。




平成30年度SBウォール工法講習会開催のお知らせ

New! 平成30年10月11日(木)神戸市にてINSEM-SBウォール工法講習会を開催いたします。

 特に,本講習会では,熊本震災の災害復旧でのINSEM集中プラントの事例発表や,工期短縮,最新のINSEMの品質管理方法の他,平成28年に大幅に改定された「砂防ソイルセメント施工便覧」を監修された京都大学名誉教授(現政策研究大学院大学 特任教授)の水山高久先生,便覧の改訂作業を進められた一般財団法人砂防地すべり技術センター砂防技術研究所次長嶋丈示氏の講演もございます。

1.日時 平成30年10月11日(木) 13時00分 ~ 17時00分 〔受付開始〕 12時30分から

2.会場 ラッセホール地下一階「リリー」

<住所> 兵庫県神戸市中央区中山手通4-10-8


<神戸会場参加申込方法>

 お申込みは,下記FAX用申込pdfをダウンロードして頂き,参加申し込みをFaxしていただくか,メールフォームからお申し込みください。

講習会案内・次第およびFAX用申込PDF ,メール申込


平成30年8月2日(木)福岡市にてINSEM-SBウォール工法講習会を開催いたします。

 特に,本講習会では,熊本震災の災害復旧でのINSEM集中プラントの事例発表や,工期短縮,最新のINSEMの品質管理方法の他,平成28年に大幅に改定された「砂防ソイルセメント施工便覧」を監修された京都大学名誉教授(現政策研究大学院大学 特任教授)の水山高久先生,便覧の改訂作業を進められた一般財団法人砂防地すべり技術センター砂防技術研究所次長嶋丈示氏の講演もございます。

1.日時 平成30年8 月2日(木) 13時00分 ~ 17時00分 〔受付開始〕 12時30分から

2.会場 /www.marinemesse.or.jp/congress/access/

<住所> 福岡市博多区石城町2-1 TEL:092-262-4111


<福岡会場参加申込方法>

 お申込みは,下記FAX用申込pdfをダウンロードして頂き,参加申し込みをFaxしていただくか,メールフォームからお申し込みください。

講習会案内・次第およびFAX用申込PDF ,メール申込


------

平成29年度SBウォール工法講習会開催のお知らせ


平成29年9月4日(月)熊本市,10月16日(月)仙台市にてINSEM-SBウォール工法講習会を開催いたします。

本講習会は,CPDS(4unit),CPD(3.25unit)プログラム認定されております。

 特に,本会場では,熊本震災の災害復旧に向けて,平成24年九州北部豪雨災害の災害復旧で工期短縮,INSEMの品質向上に貢献したINSEM集中プラントに関する発表の他,この度,大幅に改定された「砂防ソイルセメント施工便覧」を監修された京都大学名誉教授(現政策研究大学院大学 特任教授)の水山高久先生,便覧の改訂作業を進められた一般財団法人砂防地すべり技術センター砂防技術研究所次長嶋丈示氏の講演もございますので,奮ってご参加のほどお願い申し上げます。

<熊本会場>

1.日時 平成29年9 月4日(月) 13時00分 ~ 17時00分 〔受付開始〕 12時30分から

2.会場 熊本空港ホテルエミナース

<住所> 熊本県上益城群益城町田原2071-1 TEL:096-266-1111

<アクセス>

益城熊本空港ICより車で10分

<熊本会場参加申込方法>

 お申込みは,下記FAX用申込pdfをダウンロードして頂き,参加申し込みをFaxしていただくか,メールフォームからお申し込みください。

講習会案内・次第およびFAX用申込PDF ,602-302-6900


<仙台会場>

1.日時 平成29年10 月16日(月) 13時00分 ~ 17時00分 〔受付開始〕 12時30分から

2.会場 フォレスト仙台

<住所> 仙台市青葉区柏木1-2-45 TEL:022-271-9340

<アクセス>

JR仙山線「北仙台駅」下車,徒歩約10分

<仙台会場参加申込方法>

 お申込みは,下記FAX申込用pdfをダウンロードして頂き,参加申し込みをFaxしていただくか,メールにてお申し込みください。

講習会案内・次第およびFAX用申込PDF ,3252561300


3. 講演

「砂防堰堤の材料・構造と砂防ソイルセメント」

講師 京都大学名誉教授 (現:政策研究大学院大学特任教授) 水山 高久 

「砂防ソイルセメント施工便覧の改定のポイント」

講師 一般財団法人砂防・地すべり技術センター 砂防技術研究所次長 嶋 丈示


4.受講料 無 料 (マニュアル等は当研究会ホームページよりダウンロードをお願いします)

※マニュアル等のダウンロード先:SBウォール工法研究会

  /www.sbwall.org/

5.講習会は,CPDS学習プログラム,CPDプログラムの認定を受けております。

 当講習会は、(一社)全国土木施工管理技士会連合会のCPDS学習プログラム(4unit),(一社)建設コンサルタンツ協会のCPDプログラム(3.25unit)に認定されています。

 ご希望の方は,講習会参加申込時にその旨を申告してください。また講習会受講時に本人確認ができる技術者証または運転免許証を持参してください。本人確認の上、講習会終了時に受講証明書を配布させていただきます。

 

<申込締切>  熊本会場;8 月31 日(木) 定員約80名

        仙台会場;10月12日(木) 定員約80名

(なお、定員に達しお申し込みをお受けできない場合のみ、事務局よりご連絡致します。)

<お問合せ先> 研究会事務局(吉本) 

       TEL:048-681-7530 FAX:048-681-7531

〒337-0008 埼玉県さいたま市見沼区春岡2-26-10 (株)インバックス気付


 



2015/6/1

「熊本県阿蘇地域の災害関連緊急砂防事業」が平成26年度全建賞を受賞しました。


2013/11/10

土砂の資源化プラント(INSEM集中プラント)への全面協力

SBウォール工法研究会の総力を結集して,熊本県阿蘇市の豪雨災害復旧事業で,全国初となる土砂の資源化プラント(INSEM集中プラント)の運営に全面協力をいたします。

本計画は,災害関連事業において,同時施工される複数の工事現場の土砂や豪雨により流出した土砂を集中プラントヤードに集積し,INSEM材を一括製造管理することで,生コンクリートと同様な手軽さで,土砂を災害復旧事業の様々な用途に活用し,現地土砂を土木資材として資源化を図るものです。

SBウォール工法研究会は,土砂の活用,機械化,管理,ほか,その実現に向けて,全面的な協力を行なっています。

IMG 4335
PA220516



-----

2012/1/25

「現地土砂を活用したいが、どのような検討が必要なのか?」

 当研究会に、このような問合せが多く寄せられています。

20c8d1¨ï¼Œæ©Ÿt-varian94; font-size: 14px;"> /t;Tre4 font-size: 14px;"> /t;Tre4 font-size: 14px;"> /t;Tre4 font-size: 14px;"> /t;Tre4 font-size: 14px;">ã€b;">ã9ont-size: 14px;"> /t;Tre4 font-size:al; fllement --iュアル等ëé Trebuchet MScté Trebuchet MScté Trebuchet MSctm=だfont-varia 6NFp¾¤lh)‹ï¼Œu02€/t€/t€¬ã 6NFp¾¤lh)‹ï¼Œu02€/t€/t€¬ã 6NFp¾¤8  s std1究r02-³ã‚¯ã60 ei2> s sd font-varl€€/t;Tre4 fosその実現に向けて,全éwidth="427" height="320" />